夏は1年で最も紫外線が強くなる季節です。

お肌にはしっかり日焼け対策をするという方も、髪の毛や頭皮のケアは忘れてしまいがち。

紫外線は肌だけでなく、髪の毛にも頭皮にもダメージを与えます。

また、海やプールで遊んだ後に髪がパサパサ、キシキシなってしまったという経験をした方も少なくないのではないでしょうか?

海水の塩分や、プールの塩素は髪の水分を奪ってしまう作用があり、さらに髪の水分と一緒に栄養も抜けてしまうため、髪が傷んでしまうのです。

髪や頭皮にダメージが蓄積すると、紫外線や塩分によるダメージでより一層、乾燥しやすくなってしまい、ハリやコシがなくなってしまうこともあります。また、キューティクルがはがれるとパサつきや枝毛の原因にもなりますので、しっかりケアをしましょう。

 

【髪と頭皮を紫外線から守る】

  • 日傘や帽子などのアイテムを使う

UV加工の日傘にもさまざまな種類があります。デザイン性も大事ですが、紫外線のカット率のチェックも忘れずに。また、日焼け防止目的の商品でも充分ですが、よりしっかり防ぎたい方は日光アレルギーや光線過敏症などの対策用に販売されている、紫外線、赤外線、可視光線のすべてを100%カットする日傘もおすすめです。

髪の分け目や生え際、耳や耳の後ろなどの日焼け止めを塗りにくい箇所や、忘れてしまいがちな場所もあるのでサンカットアイテムを有効に使用しましょう。

 

【髪と頭皮を優しくいたわる】

  • 優しい成分配合のシャンプー&トリートメントを選ぶ

夏は頭皮の汗や皮脂分泌が増加します。そのため、地肌の汚れをしっかり落とすことが重要です。ですが、シリコンなどカチオン系の刺激が強いシャンプー&トリートメントを使用すると弱った頭皮や髪にダメージを与えてしまいます。髪や頭皮に優しいオーガニックのシャンプーや、ノンシリコン、ノンカチオンのシャンプーを選ぶと刺激が少ないのでおすすめです。

  • シャンプーの注意点

①シャンプーをする前に、1分から3分ほどかけてお湯でしっかり汚れを落としましょう。シャンプー剤を塗布する前にしっかり濡らして、しっかり汚れを落とすことが大切です。

②熱すぎず、ぬるすぎないお湯で流しましょう。

熱すぎるお湯は頭皮を乾燥させる原因になりますが、夏だからといってぬるすぎるお湯で流すと、汚れが落ちにくくなってしまいます。お湯の温度は、36度~38度を目安にすると良いでしょう。

③トリートメントでしっかり栄養補給

髪の毛だけでなく頭皮にも栄養を補給するタイプがおすすめです。指の腹で頭皮マッサージするように塗り込むとよいでしょう。

④しっかり流す

シャンプー後もトリートメント後もしっかり流しましょう。流し残しがあると、背中ニキビや肌荒れ、頭皮の炎症などにつながります。3分以上は時間をかけてしっかりながしましょう。

⑤ドライヤーのかけ方にも注意

髪を洗った後に自然乾燥は絶対NGです。生乾きで頭皮に雑菌が繁殖しやすくなりますし、濡れている状態ではキューティクルも剥がれやすくなるので、髪へのダメージも高くなります。ドライヤーで乾かす前にしっかりタオルドライし、ドライヤーは、根元から髪の流れに沿ってかけるのが基本です。また、ドライヤーの温風は100度を超えます。近づけすぎると髪も頭皮にもダメージになります。必ず20㎝ほどは離してドライヤーをあてましょう。ドライヤーを掛け終わったら、最後に冷風にして髪と頭皮を冷やしてあげるようにしましょう。

 

ヘアケアをしっかりして、夏が終わっても綺麗な髪を保つことが大切です。

トリートメントには、はがれたキューティクルや枝毛を補修する効果はありません。髪は生きた細胞ではなく、死んだ細胞なので生まれ変わることも、元に戻るということもありません。傷んでしまったら髪は切るしかないのです。ですから、ヘアケアの基本は傷む前に行うこと!また、新たに髪が生まれるところの頭皮のケアも重要です。日々の積み重ねで美しい髪を手に入れましょう。

 

KOKOLE2 オーガニックシャンプー&トリートメント

●本物のカチオンフリー (カチオン、疑似カチオン、類似カチオン完全無配合)

●ソープナッツを配合し、天然の洗浄成分であるサポニンが頭皮や毛髪をに優しく皮脂や汚れを落とし、健やかな状態に洗い上げます。

●乾燥し、パサつく髪に潤いを与え、滑らかな手触りに仕上げます。

●オーガニック植物エキス(カモミール、カレンデュラ等)贅沢に配合

●天然由来成分シャンプー98%、トリートメント99%

●ピンクペッパーの香り

●300ml 1本¥1,980-(税込)